トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 > 伯耆古城図録 ~米子市篇~ > 米子市 > 奥谷城(外構砦・船上山砦)

◆ 奥谷城(外構砦・船上山砦)

【 概 略 】

奥谷集落の東に聳える船上山(外構山)の山頂から南方の尾根筋にかけて郭跡と堀切が続く。

集落から少し東に上ると熊野神社が鎮座し、北側の山中には円墳(宗像29号墳~33号墳)の古墳跡が残る。

 

古墳群には淵を切岸状にし高低差が残されている古墳跡と形のみが視認できる程度で高低差も僅かな古墳跡が並ぶがいずれも中世~戦国期には地形を利用し砦の一部として利用したことが考えられる。

 

熊野神社から参道を南に進むと切通となるが、残存部の地形を見ると堀切を開削して造られた通路と推定される。

参道を更に南東へ進むと山頂には船上神社が鎮座しており、地元の方々によって参道が整備されているので社殿までは容易に到達することが可能。

船上神社境内が標高のピークとなること、南北を堀切で絶っていること、北側に10段程度の連郭を設けていることなどから境内が主郭と推定され、周辺に井戸らしき形跡がないことから村の城や見張櫓のみの簡素な施設ではなく、短期間の戦闘は想定された城砦と推測される。

主郭には腰郭として帯郭も附けられ、堀切も高低差を以って入念に普請されるなど、伝えには見張砦とされるが見張のための施設であれば最低限の平削地に掘立小屋程度の施設があれば事足りるため、当城砦は最低限の戦闘能力を有した施設と推定したい。

 

城砦に関する伝承は乏しいが、旧成実村史では伯耆国石井城石井要害)の出城とされ、当城砦、字ドウドウの南側の山、(成実)小学校南側の山の3城砦が見張砦としての役割を持ったと記している。

所在した山を別名に「外構山」とも呼称すること、石井城や伯耆国七尾城が出雲国や法勝寺方面からの侵攻に備えた城砦であり、伯耆国尾高城へと続く街道往来の監視を担ったと推測されることから、石井城七尾城が大事の際、当地最後の防衛拠点と考えられる。

 

米子市埋蔵文化財地図の遺構分布図には船上山の南方に単郭が一つ、堀切が一条だけ図示されるが、実際に船上神社から南には3段の郭跡とそれぞれの間には堀切が見える。

 

全体的に東西の谷筋を上手く利用し、残存する遺構の状態からは東側~南側に対して防御力を高めている傾向が伺え、単独でも比較的高い防御機能を持った城砦であると見受けられる。

前述では出雲方面からの侵攻に備えた最後の防衛施設と仮定したが、遺構の防御方向を見ると東側(汗入方面)に備えた城砦とも一考でき、東側に備えたとすれば織田方の南条氏に備え毛利氏(吉川氏)が最終的に手を加え、伯耆国米子城から出雲国月山富田城への抜け道にも沿うことから吉川広家の岩国移封頃まで存続した可能性が考えられる。

【 遠 景 】

常夜灯と遠望

石井要害(南西)からの遠望

石井要害(南西)からの遠望

南東からの遠望

【 見どころ 】

熊野神社

全国に数多あるフランチャイズ神社。

奥谷の神社についての由緒は判りませんが、熊野大社からの分祀に落ち着くと思います。

公式・非公式を問わなければ鳥取県内にも多くの熊野神社が存在します。

法人登記されている同名の神社数だと1位は八幡神社、2位は稲荷神社と並んで3位が熊野神社らしいです。

ちなみに登記されていない神社となると、恐らく秋葉神社(秋葉社)が凄い数あると思います。

防火の神様としてほぼ全ての村落に勧請されたらしいので…

船上神社

当城砦の主郭(推定)に鎮座します。

現在も農事に纏わる祈願が毎年行われているようで参道は綺麗に整備されています。

道中には堀切を利用した切通と複数段の連郭があり、境内の東側、一段降りた場所には腰郭が残ります。

【 概 要 】

名 称奥谷城(おくのたにじょう)

別 名:奥谷砦(おくのたにとりで)、船上山砦(せんじょうさんとりで)、外構砦(とがまえとりで)

所在地:鳥取県米子市奥谷

築城年:不明

廃城年:不明

築城主:不明

城 主:不明

形 態:山城

遺 構:郭跡(腰郭・帯郭)、堀切、切岸、礎石跡?

現 状:熊野神社、船上神社、山林

種 類:史跡指定なし

【参考文献】

・旧成実村史・成実の歴史(昭和61年3月25日)

・米子市埋蔵文化財地図(平成6年3月:米子市教育委員会)

【城娘】

 

【 縄張図 】

米子市埋蔵文化財地図に図示あり。

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

不明

不明

伯耆国石井城の見張砦の一つとされる。(旧成実村史)

【 写 真 】(訪問日:2019/05/02)

熊野神社の参道入口

熊野神社への参道

熊野神社の鳥居

熊野神社

熊野神社北側の様子

熊野神社北側の様子

熊野神社北側の様子

熊野神社北側の様子

熊野神社北側の様子(切岸)

熊野神社北側から東側の谷

熊野神社から船上神社への参道

船上神社への参道

船上神社への参道(堀切の開削?)

階段を登らず進むと日原団地へ

日原団地側の参道入口

階段の上から切通

階段を進むと船上神社へ

船上神社北側には腰郭(帯郭)

道中には北側へ降りる連郭

北側へ降りる連郭と切岸

連郭の切岸

参道と連郭(左側)

主郭には船上神社

船上神社の社殿

船上神社の社殿

境内の様子

南側には旧社への古道

旧社の跡

南一郭(主郭から南の郭)

南一郭

南一郭

南一郭の南に堀切(小堀切)

小堀切

小堀切

小堀切

小堀切

小堀切から西の谷部

小堀切から東の谷部

南二郭(小堀切から南の郭)から小堀切

南二郭

南二郭

南二郭から南の堀切(大堀切)

大堀切

大堀切

大堀切

大堀切

大堀切底部から南の郭(南三郭)

大堀切と南三郭の高低差は4~5m

南三郭から大堀切

南三郭

南三郭

南三郭の北西に一段低い窪み

南三郭の北西に一段低い窪み

南三郭の北西に一段低い窪み

窪みの切岸には礎石?

南三郭の南端

南側からの遠望

南の麓には五輪